あさひ総合病院サイトトップ

文字サイズ

本文

2020年06月号 熱中症の季節です

[当院からのお知らせ/医療の現場から]

あさひ総合病院 内科 橋本 優 医師


だんだんと気温の高い日が増えてきました。夏のイメージがある熱中症ですが、実は5月から発生報告があります。昨年度の熱中症による救急搬送人員数は富山県内で502人でしたが、そのうち5月は30人、6月は26人でした。

熱中症の発生には、同じ気温でも「湿度」が高いほど危険性が高く、身体が暑さに慣れていない時期には温度が低くても熱中症になると言われており、梅雨明け直後は特に注意が必要です。気温に関わらず、屋外での作業は、身体が慣れるまでの間は特にこまめな休憩と塩分の含む水分補給を欠かさないことが重要です。

年齢とともに「喉が渇きにくい」「暑さを感じにくい」「汗をかきにくい」など体温を下げるための反応が弱くなってきますので、喉が乾く前に十分な水分補給することが重要です。単純な水だけではなく、適度な糖を含む0.1~0.2%の食塩水(1Lの水に食塩を2つまみ程度と砂糖大さじ2-4杯)が望ましいです。炎天下で畑に出られる際には是非試してください。

炎天下で倒れている人を見かけたら、熱中症になっている可能性は非常に高いです。特に、意識がおかしい、立てない、けいれんしているなどの場合は重症ですので、急いで救急車を呼びましょう。


あさひロコモ予防体操

受付時間
午前:7:20~11:30
午後:12:30~4:30
各診療科によって受付時間が異なることがありますので、外来診療日程をご確認ください。なお、受付時間外であってもできるだけの対応をいたしますので一度ご連絡ください。
面会時間
平日:午後2:00~8:30
休日:午前10:00~午後8:30

医療の現場から

当院からのお知らせ

職員ギャラリー

トピック