あさひ総合病院サイトトップ

文字サイズ

本文

認知症サポーター養成講座が開催されました

[当院からのお知らせ/お知らせ]

最終更新日:2015-02-24

認知症の方を地域で支える取り組みとして、「認知症サポーター」が挙げられます。「認知症サポーター」とは、認知症について正しい知識を持ち、自分のできる範囲で、認知症の方を支える「応援者」のことです。朝日町においても3年前から、この養成講座を公民館や小学校などで開催しており、現在では465人(平成26年11月26日現在)の認知症サポーターが誕生しているそうです。

当院では、今年1月から3回に渡って「認知症サポーター養成講座」が全職員を対象に開催され、当院の認知症認定看護師や社会福祉士等が講師を務めました。

認知症とはどのような病気なのか、認知症の方と接するときの心がまえ、認知症サポーターにできること等を学びました。認知症は誰でもなる可能性のある病気です。いつ自分や家族が、あるいは友人や知り合いが認知症になるかわかりません。他人ごととして無関心でいるのではなく、「自分の問題である」という認識を持つことが大切です。

受講した認知症サポーターには、認知症を支援する目印としてオレンジ色のブレスレット「オレンジリング」が渡されました。地域に暮らす認知症の方の「応援者」となり、自分なりに出来る簡単なことから実践していきたいものです。

受付時間
午前:7:20~11:30
午後:12:30~4:30
診療時間
午前8:30~午後5:15
面会時間
平日:午後2:00~8:30
休日:午前10:00~午後8:30

トピック

職員ギャラリー

医療の現場から

当院からのお知らせ