あさひ総合病院サイトトップ

文字サイズ

本文

2017年02月号 ロタウイルス感染症について

[当院からのお知らせ/医療の現場から]

あさひ総合病院 小児科 大井 仁医師

昨年末からノロウイルスによ る感染性胃腸炎が猛威を振るい、 富山県でも10年ぶりの大流 行とのことでしたが、これか らの時期、小児で気をつけた いのがロタウイルス感染によ る胃腸炎です。ロタウイルス はノロウイルスより少し遅れ て、冬の終わりから春先にか けて流行します。突然、白色 水様の下痢、嘔吐、発熱で発 症し、ノロウイルスより長 く症状が持続する傾向にあ ります。基本的には10日前 後で自然に良くなる病気です が、嘔吐、下痢が長く続くと 脱水状態となってしまうため 点滴治療や入院が必要となる ケースもあります。顔色が悪 くなってぐったりする、皮膚 が乾燥する、おしっこが半日 以上でない、といった状態に なると点滴が必要な状態です。 嘔吐した際の対処法ですが、 吐いた直後には飲食させないで ください。一度嘔 吐が始まると数時間は周期 的に強い吐き気がきますので、 あわてて飲ませるとまたすぐ に嘔吐してしまいます。3~ 4時間は何も与えずに背中を さすったりして様子をみてい ると、吐き気が治まる時期が 来て、本人も水を飲みたいと 希望するようになります。そこ からは水分(経口補水液、OS -1など)を少量ずつ与えて あげてください。 ロタウイルスは主に経口感 染と接触感染で広がっていき ます。汚染された水や食べ物 を介して、あるいは汚染され たものの表面(ドアノブ、 手すり、おもちゃなど)をさ わった手から口に入り感染を 起こしますのでしっかりうが い、手洗いすることが大事で す。感染した子供さんの排泄 物、衣服などから大人の手 を介して別の子供さんに感染 を引き起こさないよう、大人 が十分注意することが必要です。 ロタウイルスにはワクチン もあり、接種することによっ て罹患した際に、嘔吐、下 痢などの症状が軽く治まりま す。ただし任意接種ですので 自己負担があります。詳しく は当院、あるいは近くの小児科 にて説明を受けてください。


受付時間
午前:7:20~11:30
午後:12:30~4:30
診療時間
午前8:30~午後5:15
面会時間
平日:午後2:00~8:30
休日:午前10:00~午後8:30

医療の現場から

当院からのお知らせ

職員ギャラリー

トピック