あさひ総合病院サイトトップ

文字サイズ

本文

2014年11月号 「回復期リハビリテーション病棟」をご存知ですか?

[当院からのお知らせ/医療の現場から]

あさひ総合病院 6階病棟 中嶋育美 看護師長

あさひ総合病院の6階病棟に「回復期リハビリテーション病棟」があります。

この病棟は、脳血管疾患、大腿骨・骨盤等の骨折、胸腹部手術などの急性期治療を終えて症状が安定した患者さんを対象に多くの医療専門職がチームを組んで集中的なリハビリテーション(リハビリ)を行っています。

ここでは、患者さんに対し担当スタッフがリハビリ計画を立て、入院後寝たきりにならないよう、起きる、食べる、歩く、トイレに行く、お風呂に入る等、日常生活動作の改善を図り、家庭復帰に向け支援します。

入院中は、生活のリズムを整えるために、朝の起床・洗面・身支度等の練習を行い日中は活動しやすい服に着替え、日常生活全般を見据えたリハビリを行います。ベットから離れて過ごす時間を多く持つため、レクリエーションや屋外歩行練習を兼ねたお花見会など季節の催しも取り入れています。

また、ご家族の方には、リハビリの見学や介助指導などリハビリ場面に関わっていただいています。退院に向けて試験的に外出や外泊を行ったり、リハビリスタッフや看護師がご自宅を訪問さていただくこともあります。安心して在宅生活を送るために、地域との継続した医療、介護サービスが受けられるようにスタッフ全員が一つのチームとなってサポートさせていただきます。

10月から回復期リハビリテーション病棟の体制を見直し、より一層、病棟の充実に取り組んでいます。

入院ご希望の方は、現在入院中の病院の主治医や社会福祉士(ソーシャルワーカー)にご相談ください。


受付時間
午前:7:20~11:30
午後:12:30~4:30
診療時間
午前8:30~午後5:15
面会時間
平日:午後2:00~8:30
休日:午前10:00~午後8:30

医療の現場から

当院からのお知らせ

職員ギャラリー

トピック