あさひ総合病院サイトトップ

文字サイズ

本文

2013年08月号 慢性腎臓病

[当院からのお知らせ/医療の現場から]

あさひ総合病院 内科 山﨑秀憲 医師(富山大学附属病院)

「慢性腎臓病」という言葉を聞いたことはありませんか?これは慢性(年の単位)に経過するすべての腎臓病を指し、日本国内の患者さんの数が実に約1,300万人(成人の8人に1人)にも上るといわれてる新たな国民病です。腎炎のみならず、糖尿病や高血圧などの生活習慣病との関連も深く、誰もがかかる可能性のある病気です。

慢性腎臓病によって腎臓の働きが弱っていくにつれ、腎不全になり透析が必要となるばかりでなく、心筋梗塞などの心血管病が起こる危険性も高くなっていきます。慢性腎臓病は、初期には自覚症状がほとんどなく、夜間に尿が多くなる、体がむくむ、息切れがする、疲れやすくなる、といった症状が出てきたときには、すでに進行していることが多く、自然に治ることはありません。このため、体調の変化に気をつけているだけでは早期発見は難しいと言えます。

では、この慢性腎臓病を早く見つけるためには、どうすればよいのでしょうか?

答えは「定期的に健康診断を受けること」です。血液や尿の検査、血圧測定を受けることが早期発見につながります。血液検査で「クレアチニンの数値が正常値よりも高い」と言われている場合は要注意ですので、他に自覚症状がなくても内科を受診し、しっかりと検査を受けることをお勧めします。


受付時間
午前:7:20~11:30
午後:12:30~4:30
診療時間
午前8:30~午後5:15
面会時間
平日:午後2:00~8:30
休日:午前10:00~午後8:30

医療の現場から

当院からのお知らせ

職員ギャラリー

トピック