あさひ総合病院サイトトップ

文字サイズ

本文

2009年11月号 生活習慣病について

[当院からのお知らせ/医療の現場から]

あさひ総合病院 内科 福島泰男 医師

平成20年3月まで2年間あさひ総合病院で勤務していましたが、再び当院に赴任することになりました。皆様よろしくお願い申し上げます。

専門分野は、代謝内分泌です。皆さんにとって馴染み深い病気として、糖尿病、メタボ(メタボリック症候群)、肥満、痛風、高コレステロールや高血圧、甲状腺などの病気があげられます。その多くが生活習慣病に入っています。昔は、風邪は万病のもと(今でもそうですが…)とよく言われていましたが、今は、生活習慣病は万病のもとと考えたほうがよいです。生活習慣病の多くが、自覚症状の無いまま静かに進んでいきますので、軽く考えている方も多いのではないでしょうか。かなり進行すれば、血管がつまりやすくなり、脳卒中、心筋梗塞の危険がとても大きくなります。また体の抵抗力、免疫力が弱まり、癌などにかかりやすくなります。日ごろの健康チェックが大切となります。

地域医療の最前線では慢性的な医師不足が深刻化しており、住民皆様の健康を守り、病気の悪化を防ぐという点におきまして大きな問題となっております。微力ではありますが、皆様の健康維持と増進に少しでも役く立てればと考えております。


受付時間
午前:7:20~11:30
午後:12:30~4:30
診療時間
午前8:30~午後5:15
面会時間
平日:午後2:00~8:30
休日:午前10:00~午後8:30

医療の現場から

当院からのお知らせ

職員ギャラリー

トピック