あさひ総合病院サイトトップ

文字サイズ

本文

サンフォートだより vol.20

[診療科・各部のご案内/各部のご案内/サンフォート/便り]

あさひ総合病院 地域連携室
サンフォート
〒939-0798 富山県下新川郡朝日町泊477
【直通】TEL:0765-83-1138 FAX:0765-83-1176
E-mail:renkei@hos.town.asahi.toyama.jp

新規採用職員紹介

医師 中村一樹
総合診療医を目指しています。患者様のために、精一杯頑張りたいと思います。
看護師 秋元七月
在宅支援・訪問看護に関わっていきたいと思っています。
放射線技師 花尾夏季
一人一人の検査を丁寧に行い、見やすい画像を取れる技師を目指して頑張ります。
臨床検査技師 市川貴也
地域の皆様に信頼される臨床検査技師を目指したいです
理学療法士 堀内優作
スタッフ一人一人が患者様の身体にも心にも寄り添い、信頼されるスタッフを目指します。
情報管理 魚住恭子
あさひ総合病院で働けることを、とても嬉しく思っています。

認知症ワーキンググループの活動

★認知症サポーターは「なにか」特別なことをする人ではありません。認知症を理解した、認知症の人への「応援者」です。

当院では、2015年度に「認知症サポーター養成講座」を開催し、院内スタッフの90%以上が"認知症サポーター"となりました。

あれから約2年の月日がたち、認知症サポーターの役割を忘れかけている方もおられたのではないでしょうか?

先日、「認知症サポーターステップアップ研修会」を開催しました。計133名が受講し、講義やビデオ鑑賞、グループワークを通して認知症サポーターの役割を再認識できたと思います。

アンケートより

問.認知症サポーターの役割を理解しているか?
答.よく理解している・理解している
   (受講前)50人 → (受講後)115人
問.研修で印象に残ったことは?
「わかっていると思っていても忘れてしまっている事もあるので、研修でまた思い出させてもらった」
「ビデオの内容が自分の姿を見ているようでした。心に余裕が持てるよう、日々の業務で今日感じたことを思い出して看護していきたい」
「認知症だからといって、わからないからと雑な対応は決してしてはいけないことを理解した」
「認知症の患者も一人の人間として尊厳すべき」

などなど、たくさんの意見をいただきました。

ロールプレイで研修

認知症の人への対応の心得 "3つの「ない」"

  1. 驚かせない
  2. 急がせない
  3. 自尊心を傷つけない

トピックス

平成29年3月25日(土)に当院糖尿病患者会「ひすいの会」の総会が開催されました。

総会後に、調理実習を行いました。今回は日本糖尿病協会「さかえ」に掲載されていた「お花見弁当」に挑戦しました。

弁当は旬の野菜をたくさん使い、だしや塩麹、レモン、からし等を利用し、美味しくヘルシーに仕上がりました。皆さんはそれぞれに、ゆっくり、よく噛んで味わった事と思います。これからも、ひすいの会の皆さんと共に活動し、語り合い、食事療法の情報をお届けしていきたいです。

管理栄養士 水島恵子

当院へご紹介頂く先生方へ

骨密度骨量測定について

骨密度の測定を希望される際は、骨粗鬆症骨量測定申込書・中藤医師の診察希望有無を記入頂き、FAXをお願いいたします。午前中の予約であれば診察も可能です。

午後の診察はありません。所要時間は約30分です。

診察・医療機器(CT・MRI)予約について

  1. 診療・機器利用申込書を記入のうえFAXにてお申し込み下さい。またお電話でも結構です。
  2. 予約日については、地域医療連携室より「診療予約のお知らせ」「医療機器共同利用決定書」をFAXいたします。当日の予約でも、可能な限り、対応させていただきます。
  3. 患者様・ご家族の方には、当院へ来院される際、紹介状、保険証、診療券(お持ちの方)、「診療予約のお知らせ」「医療機器共同利用決定書」を持参して、1階の中央受付①番窓口へ提出していただくようお伝えください。

編集後記

新年度が始まりました。今年は当院にとっても大きな改革の年です。地域医療構想のなかに、「地域包括ケア病棟」の新設を検討しているところであります。病病・病診連携を強化し、先生方に気持ちよく当院をご利用して頂けるように努力してまいります。

地域医療連携室 鍛治 圭太

受付時間
午前:7:20~11:30
午後:12:30~4:30
診療時間
午前8:30~午後5:15
面会時間
平日:午後2:00~8:30
休日:午前10:00~午後8:30

各部のご案内

診療科

各種教室