あさひ総合病院サイトトップ

文字サイズ

本文

糖尿病新聞 No.8

[診療科・各部のご案内/各種教室]

糖尿病新聞 No.8

今月のおはなし

今回は"足を守る"のテーマでお話します。健康は足元から、いつまでも自分の足で歩けるようフットケアーをしましょう。特に糖尿病の人は小さな傷から足病変を引き起こします。原因としては、足の動脈が細いため血流が悪くなることに加え、感染への抵抗力が弱いために起こります。そうならないためにも足をチェックし、少しでも足の異変に気が付いたら早めに医師に相談しましょう。

★こんな症状はないですか?体がSOSを出しています。

  1. 安静時・睡眠時足がつることがありませんか?
  2. 足がしびれたり、痛かったりしませんか?
  3. 足が火照ったり、反対に冷たく感じることはありませんか?
  4. 足に虫がはっているような感じはありませんか?

※ 水虫・タコ・ウオノメはありませんか?

水虫・タコ・ウオノメから潰瘍になり、さらには壊疽を起こすことがあります。壊疽を起こし、最悪の場合は足の切断をしなくてはいけません。

★日常生活の心得

  1. 毎日足を観察しましょう。(足は比較的早く糖尿病の合併症を発見できる部分です)
  2. 毎日足を洗って清潔にしましょう。(薬用石鹸は刺激が強いのでお勧めしません)
  3. 足を洗ったあとはローションを塗り、表面を滑らかにしましょう。
  4. 爪のお手入れも大切です。深爪は避け、やすりでの手入れをお勧めします。
  5. あんか・湯たんぽ・コタツによる低温やけどを避けましょう。
  6. 怪我の予防、怪我の早期発見のため白い靴下を履きましょう。
  7. 足に優しい靴下、靴を履きましょう。

専門スタッフによるフットケアーを希望される方は、主治医か外来スタッフにご相談下さい。

ブロッコリーとワカメのサラダ(病院給食から)

低カロリーなブロッコリーとワカメから食物繊維、チーズからカルシウムが摂れますよ!

エネルギー68.6kcal、塩分0.6g、カルシウム50.9mg、食物繊維1.6g

【材料(2人分)】
ブロッコリー 60g
カットワカメ 2g
プロセスチーズ 10g
イタリアンドレッシング 20g
【作り方】
(1) ブロッコリーを小房に分けて、塩茹でする。
(2) カットワカメは水で戻す。
(3) プロセスチーズは5mm角に切る。
(4) イタリアンドレッシングで和える。

スタッフ紹介

舟川千鶴
主任看護師
所属部署
4病棟
趣味・特技
スポーツ観戦(特に高校野球が大好きです。)
好きな食べ物
スイーツ
座右の銘
「初心忘れるべからず」仕事で落ち込んだ時や、モチベーションが下がった時は、看護師になった頃を思い出して、また頑張ろうと思っています。

糖尿病教室の紹介

あさひ総合病院では、糖尿病患者様やそのご家族を対象に毎年1年間を1クールとして、糖尿病教室を開催しています。この教室は、糖尿病患者様とそのご家族が糖尿病の正しい知識を学び、快適で適切な療養生活を送ることを目的にしています。来年度の教室参加者を募集しています。希望される方は病院職員に声をかけてください。

開催日
毎月第1水曜日
時間
午後1時15分から
場所
あさひ総合病院
受付時間
午前:7:20~11:30
午後:12:30~4:30
診療時間
午前8:30~午後5:15
面会時間
平日:午後2:00~8:30
休日:午前10:00~午後8:30

各種教室

各部のご案内

診療科