あさひ総合病院サイトトップ

文字サイズ

本文

22年度ひすいの会 調理実習

[診療科・各部のご案内/各種教室]

ひすいの会 調理実習(22年度)

ひと足お先に秋を♪秋の味覚・きのこと蒟蒻でカロリーダウン!

写真:調理実習の様子

9/4(土)朝日町保健センターで、ひすいの会調理実習が行われました。今回は「ひと足お先に秋を♪秋の味覚・きのこと蒟蒻でカロリーダウン!」をテーマに、1食4品535kcalと、低カロリーなのにボリューム満点、旬のきのこやぶどうを使った献立に挑戦しました。参加された皆さんはお腹いっぱいなり、中には「初めて料理をする」という男性の方もおられ、皆さんそれぞれに、充実した時間を過ごされたことでしょう。

レシピをご紹介します。ぜひ皆さんも作ってみて下さい。

写真:豚肉の蒟蒻巻き焼き・中華炒め・きのこずし・ぶどうのくず寄せ

豚肉の蒟蒻巻き焼き

エネルギー
130kcal
塩分
0.6g
  • 豚もも肉スライス 240g
  • 蒟蒻 1枚(250g)
  • オクラ 8本
  • 塩 適量
  • こしょう 少々
  • サラダ油 小さじ1
  • A(酒 大さじ1、低甘味料 大さじ2、しょう油 大さじ1)
  • 練りがらし 適量
  1. 蒟蒻は沸騰した湯で5分ほど下茹でし、1cm角の棒状に切る。オクラは塩を少々まぶして、指先で軽く揉み、サッと塩を洗い流す。
  2. 豚肉は1枚ずつ縦長に広げ、軽く塩・こしょうをふる。手前に蒟蒻とオクラをのせ手前からクルリと巻く。
  3. フライパンにサラダ油を熱する。巻き終わりを下にして2で作った肉を並べ、転がしながら全体に焼き色つける。弱火にしてキッチンペーパーで油をふきとる。Aを加え、ふたをして4~5分火を通す。
  4. ふたを取って強火にし、煮詰めて味をからめる。粗熱をとって食べやすく切る。

中華炒め

エネルギー
51kcal
塩分
0.7g
  • アスパラ 5本
  • 玉ねぎ 中1個
  • パプリカ(赤) 40g
  • エリンギ 1本
  • 砂糖 小さじ1
  • みりん 小さじ1
  • しょう油 大さじ1
  • ごま油 大さじ1/2
  • サラダ油 大さじ1/2
  1. アスパラは斜めスライスする。エリンギは短冊に切る。玉ねぎ・パプリカは5mm幅に切る。
  2. フライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎを入れて透き通るまで炒め、エリンギ・アスパラ・パプリカの順に野菜を加えて炒める。
  3. 調味料をからめ、仕上げにごま油を混ぜる。

きのこずし

エネルギー
297kcal
塩分
2.0g
  • ご飯 520g
  • A(酢 大さじ4、低甘味料 大さじ1と1/3、塩 小さじ4/5)
  • しめじ・えのき 各80g
  • 生しいたけ 8枚
  • だし汁 少々
  • 低甘味料 大さじ1と1/3
  • しょう油 大さじ1と1/3
  • 卵 2個
  • 砂糖・塩・サラダ油 少々
  1. Aで合わせ酢を作り、ご飯に混ぜて酢飯を作る。
  2. しめじ・えのきは石づきを取り、ほぐす。しいたけは千切りにする。
  3. 鍋にだし汁と先のきのこを入れサッと煮て、みりん・しょう油で味をつける。そのまま炒りつけ、水分をとばす。
  4. 卵はボウルに割りほぐして砂糖・塩で調味し、薄焼きして錦糸に切る。
  5. 酢飯にきのこを混ぜて器に盛り、上に錦糸卵を飾る。

ぶどうのくず寄せ

エネルギー
58kcal
  • グレープジュース 1カップ
  • 吉野くず粉 12g
  • 水 大さじ2
  • 巨峰 24粒
  • ぶどうの葉 少々
  1. 吉野くず粉は水で丁寧に溶く。巨峰はサッと茹で、皮をむく。
  2. 鍋にグレープジュースを入れて火にかけ、煮立ったら水で溶いたくず粉を静かに入れ、かき混ぜる。透明感が出てくずに火が通ったら火を止める。
  3. 冷めたら器に盛り、ぶどうの葉を飾る。

※エネルギー・塩分は1人当たりの量

※材料は4人分

写真:楽しい試食タイム
受付時間
午前:7:20~11:30
午後:12:30~4:30
診療時間
午前8:30~午後5:15
面会時間
平日:午後2:00~8:30
休日:午前10:00~午後8:30

各種教室

各部のご案内

診療科