あさひ総合病院サイトトップ

文字サイズ

本文

最新デジタルマンモグラフィ導入!

[診療科・各部のご案内/科目/放射線技術科]

乳房トモシンセシス(3D)システム搭載の 最新デジタルマンモグラフィ装置 を導入しました!!

トモシンセシスとは?

写真:デジタルマンモグラフィ
  • デジタル乳房トモシンセシス(3D)は、角度を変えて複数 の方向から撮影し、収集したデータを3次元的に再構成して 鮮明な断層像を作成します。この新しい撮影方法によって 組織の重なりが減り、より的確な診断が行えます。
  • 従来通りの乳房圧迫で、通常の撮影とトモシンセシスの 撮影が同時に行えるため、乳房の圧迫回数は増えません。
  • 1回の撮影時間は約4秒と、3D撮影装置の中では最短 です。

イメージ像

図解:2Dの従来機と3D機の違い

臨床症例

写真:従来マンモグラフィ画像とトモシンセシスマンモグラフィ画像

従来マンモグラフィ画像とトモシンセシスマンモグラフィ画像

従来のマンモグラフィでは見つけづらい病変でも、トモシンセシス撮影により任意断面で明瞭 に描出できます。紛らわしい組織の重なりを取り除き、明瞭な画像表示が可能で、偽陽性率の低減に効果が期待できます。

トモシンセシス(3D)撮影を希望される方は

あさひ総合病院では、ドック及び乳がん検診のオプション(追加料金2500円)で トモシンセシス(3D)撮影を追加できます。 希望される方は、健診センターまでご連絡ください。

受付時間
午前:7:20~11:30
午後:12:30~4:30
診療時間
午前8:30~午後5:15
面会時間
平日:午後2:00~8:30
休日:午前10:00~午後8:30

外来診療

診療科目