あさひ総合病院サイトトップ

文字サイズ

本文

サンフォートだより vol.19

[診療科・各部のご案内/各部のご案内/サンフォート/便り]

あさひ総合病院 地域連携室
サンフォート
〒939-0798 富山県下新川郡朝日町泊477
【直通】TEL:0765-83-1138 FAX:0765-83-1176
E-mail:renkei@hos.town.asahi.toyama.jp

熊本地震に係る被災地支援

4月14日以降に熊本県熊本地方を中心に、大規模な地震が九州を襲いました。

熊本地震における富山県医療救護班第7次メンバーとして、当院看護師2名、事務員1名、富山大学附属病院DMATの若杉医師、村崎薬剤師とともに5月13日(金)から18日(水)まで熊本県南阿蘇村へ派遣されました。

富山県医療救護班派遣を終えて

今回阿蘇にボランティアに行かせて頂いたことは本当に貴重な体験でした。

私には何ができるのかと不安な思いで、現地に入りました。2日目には阿蘇医療センターでの病棟勤務を依頼されました。知らない病院での準夜の連続勤務は不安でしたが、看護師2人で励まし合うことで頑張れました。

一般の人がボランティアをしたいと思っても、簡単にボランティアをすることはできません。ホテルでもボランティアに来たが、今日は断られたという人もいました。看護師の免許を持ち、病院を代表して被災地にいき、ボランティアをすることができたことは、看護師で本当によかったと思いました。

東海大学の近くまで行きましたが本当に悲惨な現状でした。あの悲惨な地域で生活をすることは 精神的に大変だと思います。しかし、そこにいる人たちは今も頑張っていると思います。本当に早い復興を願っています。

主任看護師 山﨑美保さん

5月13日から5月18日まで富山県医療救護班として熊本県南阿蘇村へ行ってきました。

活動中に現地病院スタッフの負担を少しでも軽減させるために、私達には2日間の病院勤務要請がきました。一緒に働いていたスタッフから、「本当に助かりました」「ありがとうございました」とたくさん感謝の言葉を頂き慣れない環境でつらかった部分もありますが、看護師という資格を活かし、とても貴重な経験をすることができました。

災害はどこで起こるかわかりません。現地の方々はまた大きな地震や余震が来るのではないかと恐怖を感じながら過ごしておられます。みなさん普段からの備えは行っていますか?熊本も大きな地震があまりない県だったそうです。

まさか熊本で・・・という声もたくさんありました。備蓄品の確認、避難場所の確認、家族との連絡方法、今回の報告を機にもう一度考えてみるきっかけになればいいと思います

看護師 白又香奈さん

「医療救護班」と称していることから、活動は診察や処置をイメージされると思いますが、大半はコーディネート業務でありました。看護師2名は急遽2日間、阿蘇医療センターでの準夜勤務に入りましたが、若杉医師は全国から南阿蘇村に集結した各種医療チームを束ねるとともに、広域災害対策本部との情報伝達をも担うコーディネーターとして会議参加やミーティングの開催など多忙な業務にあたりました。

私は村崎薬剤師とともに業務調整員として朝夕のミーティング資料の作成、会議報告書の作成・提出のほか富山県医務課への業務報告が日々の業務でありましたが、活動終盤は業務を引き継ぐ東京JMAT職員の業務効率向上となるよう業務マニュアル作成や膨大な電子データの整理、医療材料等の保管整理に努めました。

今回の派遣を通じ、被災地では災害発生から時間経過とともに入ってくる情報も運営方法もスタッフも状況が刻々と変化することから、素早く的確な状況把握・引継ぎが重要であることのほか、当院が被災して医療救護を受け入れる側になり得ることも職員が常に意識することで減災につながることを再認識することができました。

事務部主査 水島雅樹さん

医療救護班の皆さん、本当にお疲れ様でした。
熊本県の一日も早い復興を祈っております!

当院期待のリハビリスタッフの紹介

理学療法士 鈴木数基さん

患者さん個人個人に必要なリハビリが行える様に心がけています。

また出身は佐渡島です。佐渡の事で聞きたいことがある方は回復期リハ病棟まで来てみて下さい。

理学療法士 坪野朋未さん

何事にも前向きに取り組むようにしています。まだまだ知識不足ではありますが、より良いリハビリを患者様に提供できるよう日々探求しております。患者様の「ありがとう」という言葉を励みに笑顔で日々精進してまいります。

とぴっくす

働きやすい職場環境を目的に病院公舎新館1階の1部屋を院内保育所にしました。

平成28年8月からオープンしました。

院内保育所の概要

  • 場所 病院公舎新館:3LDK(107号室)
  • 開所時間
      平日(2日・・・火・木曜日) :午後4時~(翌日) 午前10時
      土・日・祝祭日・年末年始   :午前8時~午後6時
  • 利用対象者  おおむね生後6か月~未就学児
  • 利用定員   おおむね8名
  • 利用料金   1日(1回)     1,000円 

当院へご紹介頂く先生方へ

骨密度骨量測定について

骨密度の測定を希望される際は、骨粗鬆症骨量測定申込書・中藤医師の診察希望有無を記入頂き、FAXをお願いいたします。午前中の予約であれば診察も可能です。

午後の診察はありません。所要時間は約30分です。

診察・医療機器(CT・MRI)予約について

  1. 診療・機器利用申込書を記入のうえFAXにてお申し込み下さい。またお電話でも結構です。
  2. 予約日については、地域医療連携室より「診療予約のお知らせ」「医療機器共同利用決定書」をFAXいたします。当日の予約でも、可能な限り、対応させていただきます。
  3. 患者様・ご家族の方には、当院へ来院される際、紹介状、保険証、診療券(お持ちの方)、「診療予約のお知らせ」「医療機器共同利用決定書」を持参して、1階の中央受付①番窓口へ提出していただくようお伝えください。

編集後記

 南半球のリオではオリンピックが開催されています。日本人選手の活躍をエネルギーにして、この猛暑を乗り越えようと思います。4月から地域医療連携室に配属となり皆様に支えられ、はや4ヶ月が経ちました。退院支援をした患者様が在宅で家族に囲まれながら、その人らしい生活をしている姿をみて心が温まる思いです。

これからも地域の皆様に満足していただけるよう、支援していきたいと思っています。今後とも、ご指導の程、よろしくお願いいたします。

地域医療連携室 舟川 千鶴

受付時間
午前:7:20~11:30
午後:12:30~4:30
各診療科によって受付時間が異なることがありますので、外来診療日程をご確認ください。なお、受付時間外であってもできるだけの対応をいたしますので一度ご連絡ください。
面会時間
平日:午後2:00~8:30
休日:午前10:00~午後8:30

各部のご案内

診療科

各種教室